メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

新幹線で重大インシデント 危機感があまりに乏しい

 新幹線の安全性に対する国民の信頼を大きく損なった。

     11日、博多発東京行きの「のぞみ号」の車両の台車に亀裂や油漏れが見つかり、名古屋駅で運転を取りやめた。国の運輸安全委員会は、深刻な事故につながりかねない重大インシデントと認定した。認定は新幹線では初めてのことである。

     疑問なのは、異常が見つかってから列車を止めるまでに約3時間もかかったことだ。

     博多駅出発の約20分後に、乗務員が焦げたにおいに気づいている。岡山駅手前では乗客が「もやがかかっている」と乗務員に告げた。岡山駅で保守担当者が乗り込み、うなるような異常音を確認したが、走行に支障はないと判断した。その後京都駅付近でも異臭がしたにもかかわらず、名古屋駅まで運行を続けた。

     専門家は、台車が破断していれば脱線していた可能性があったと指摘する。一歩間違えれば人命に直結する事故につながったかもしれない。

     高速で多数の乗客を運ぶ鉄道事業者としては、まず列車を止めることが最優先のはずだ。ダイヤを守る営業優先の意識が強過ぎて、安全確保が後回しになってはいないか。

     JR西日本の姿勢そのものが問われている。社員らへの教育や研修を通し、改めて安全運行への意識を高める必要がある。

     鋼鉄製の台車になぜ亀裂が入ったのか。材質の問題なのか、設計など構造上の欠陥が原因なのか。モノ作り企業の不正が相次ぐ中、徹底的な原因の解明も必要だ。

     整備や点検に落ち度がなかったのかも検証しなければならない。車両は2007年に製造された。今年2月に車両を解体しての全般検査を受け、当日の未明に目視点検も実施されたが異常はなかった。

     たとえ優れた機械やシステムでも、万全はあり得ない。安全性向上のためには、人の目による二重三重のチェックが必要だ。点検の仕組みに不備があれば見直すべきだ。

     新幹線の運行は地域によりJR各社に分かれる。東海道・山陽新幹線は、JR西日本と東海が乗り入れる路線だ。車体の異常や故障など、必要な情報が密にやりとりできる態勢は確立しているのか。JR全体で危機感を共有しなければならない。

    関連記事

    コメント

    投稿について

    読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

    ※ 本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して毎日新聞社は一切の責任を負いません。また、投稿は利用規約に同意したものとみなします。

    利用規約

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
    2. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
    3. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
    4. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋
    5. 羽生結弦 仙台市であす祝賀パレード 予想12万人

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]