メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

税制大綱決定

森林環境税「全国民に恩恵」一律1000円

森林環境税を広く国民から徴収する

 森林管理の財源として2024年度から「森林環境税」を導入する。住民税に上乗せし、1人当たり年1000円を徴収する。

 地球温暖化の防止や水源保全の一環として、増加する所有者不明林などを管理するための財源とする。

 地方、都市部問わず全ての国民が森林の恩恵を受けているとして、住民税を納税している人(現在約6200万人)すべてが対象となる。税収は、将来的に年約600億円となる見込みだ。

 徴収した税金は既存の特別会計に入れたうえで、私有林の面積や林業従事者数などに応じて市町村や都道府県…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文563文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです