メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

税制大綱決定

森林環境税「全国民に恩恵」一律1000円

森林環境税を広く国民から徴収する

 森林管理の財源として2024年度から「森林環境税」を導入する。住民税に上乗せし、1人当たり年1000円を徴収する。

 地球温暖化の防止や水源保全の一環として、増加する所有者不明林などを管理するための財源とする。

 地方、都市部問わず全ての国民が森林の恩恵を受けているとして、住民税を納税している人(現在約6200万人)すべてが対象となる。税収は、将来的に年約600億円となる見込みだ。

 徴収した税金は既存の特別会計に入れたうえで、私有林の面積や林業従事者数などに応じて市町村や都道府県…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文563文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです