メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

リュウグウへの到着あと半年に JAXA発表

リュウグウまでの距離が表示されるようになった、はやぶさ2のプロジェクトサイト=JAXA提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星リュウグウへの到着が、2018年6月21日~7月5日ごろになるとの見通しを発表した。到着まで半年となったはやぶさ2は順調な飛行を続けており、プロジェクトチームは到着後の着陸地選定の訓練を重ねるなど準備を進める。プロジェクトの科学チームの取りまとめ役である渡辺誠一郎・名古屋大教授は記者会見で、「いよいよ本番が近付いてきた。訓練を通じてわかった課題を解決し、できるだけ科学的意義のあるサンプルを地球へ持ち帰りたい」と話した。

 はやぶさ2は14年12月3日に鹿児島県・種子島から打ち上げられた。その後、主エンジン「イオンエンジ…

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1134文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです