メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7年目の被災地

災害に強く、人に優しく 宮古署新庁舎完成 18日から運用 /岩手

宮古市松山地区に新しく完成した宮古署の庁舎。18日から運用を開始する=宮古市で

 東日本大震災の津波で被災した宮古署の新しい庁舎が完成、18日から運用を開始する。

 宮古市松山地区に完成した新庁舎は鉄筋コンクリート造りの4階建て(約4270平方メートル)で、神林地区にある今の庁舎とほぼ同じ広さ。1階に署長室や交通課などを、2階に生活安全課、留置施設を、3階には刑事課などを配置した。

 非常食や飲料水など100人、3日分の食糧を備蓄している。駐車場は104台収容できる。昨年8月の台風…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文441文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです