メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の真相

世論調査にみる世代間分断 ファシズム、若者を好む=浜矩子

20代の若者たちと「1億総活躍社会」について意見交換する安倍晋三首相(中央)=首相官邸で2015年11月、藤井太郎撮影

 ある原稿執筆との関わりで、朝日新聞の各種全国世論調査結果を概観する機会を得た。毎日新聞の世論調査にできれば良かったが、行きがかり上、朝日新聞になった。ご勘弁を。

 この作業のおかげで、実に多くの発見があった。まずご紹介したいのが、安倍晋三政権の「1億総活躍社会」構想に関する調査結果だ。この構想が打ち出されたことを受けて、それに期待するか期待しないかを問う世論調査が行われた。2015年10月実施である。これに対する年齢別の回答結果をみて、ギョッとした。

 年齢層の区分は、20~29歳、30~39歳、40~49歳、50~59歳、60~69歳、70歳以上と…

この記事は有料記事です。

残り1839文字(全文2116文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 二宮金次郎像は、かつて小学校校庭の…
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  5. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです