メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の真相

世論調査にみる世代間分断 ファシズム、若者を好む=浜矩子

20代の若者たちと「1億総活躍社会」について意見交換する安倍晋三首相(中央)=首相官邸で2015年11月、藤井太郎撮影

 ある原稿執筆との関わりで、朝日新聞の各種全国世論調査結果を概観する機会を得た。毎日新聞の世論調査にできれば良かったが、行きがかり上、朝日新聞になった。ご勘弁を。

 この作業のおかげで、実に多くの発見があった。まずご紹介したいのが、安倍晋三政権の「1億総活躍社会」構想に関する調査結果だ。この構想が打ち出されたことを受けて、それに期待するか期待しないかを問う世論調査が行われた。2015年10月実施である。これに対する年齢別の回答結果をみて、ギョッとした。

 年齢層の区分は、20~29歳、30~39歳、40~49歳、50~59歳、60~69歳、70歳以上と…

この記事は有料記事です。

残り1839文字(全文2116文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]