メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー

現報道番組の“ひな型”「ニュースステーション」の舞台裏 「テレビ的」追求した日々 久米宏さんに聞く

インタビューに答える久米宏さん=東京都港区で2017年12月4日、宮本明登撮影

 報道番組を普段見ない人でも理解できるよう、ニュースをわかりやすく伝える--。今では普通のそんな目線を、テレビのニュース番組で最初に取り入れたのは、1985年にスタートした「ニュースステーション」(テレビ朝日系)だった。番組の構想段階から参加し、キャスターを18年半務めた久米宏さん(73)に、報道番組を一変させた同番組の秘密を振り返ってもらった(視聴率はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)。【佐々本浩材】

 67年にTBSにアナウンサーとして入社した久米さんは、放送に関わるようになって今年で50周年を迎え…

この記事は有料記事です。

残り2434文字(全文2689文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです