メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
インタビュー

現報道番組の“ひな型”「ニュースステーション」の舞台裏 「テレビ的」追求した日々 久米宏さんに聞く

インタビューに答える久米宏さん=東京都港区で2017年12月4日、宮本明登撮影

 報道番組を普段見ない人でも理解できるよう、ニュースをわかりやすく伝える--。今では普通のそんな目線を、テレビのニュース番組で最初に取り入れたのは、1985年にスタートした「ニュースステーション」(テレビ朝日系)だった。番組の構想段階から参加し、キャスターを18年半務めた久米宏さん(73)に、報道番組を一変させた同番組の秘密を振り返ってもらった(視聴率はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)。【佐々本浩材】

 67年にTBSにアナウンサーとして入社した久米さんは、放送に関わるようになって今年で50周年を迎え…

この記事は有料記事です。

残り2434文字(全文2689文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]