メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米副大統領

中東訪問へ 大使館移転方針を説明

 【ワシントン高本耕太】ペンス米副大統領は19~23日、エジプトとイスラエルなどを訪問する。ホワイトハウスが明らかにした。エルサレムをイスラエルの首都と認定、テルアビブの大使館を移転するトランプ政権の方針を説明したうえで、中東和平交渉に引き続き関与する姿勢を強調する。

     ペンス氏は20日にエジプトのシシ大統領と会談。21日にはイスラエルのネタニヤフ首相と会談するほか、イスラエル国会で演説する予定。23日にドイツ経由で帰国する。パレスチナ自治政府のアッバス議長との会談も模索したが、首都認定方針に強く反発するパレスチナ側が拒否した。

     米上院では賛否同数となった場合、議長の副大統領が決裁票を投じる。ペンス氏は当初、16日からの中東訪問を予定していたが、政権が推し進める税制改革法案採決に備え出発を延期していた。週明けとみられる投票がずれ込めば、訪問再延期の可能性もある。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
    2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
    3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
    4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
    5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです