メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なでしこ

“北朝鮮の壁”0-2完敗、初タイトルならず…(スポニチ)

E-1選手権 日本0-2北朝鮮(2017年12月15日 フクアリ)

 完敗だった。優勝トロフィーを掲げてうれしそうに場内を一周する北朝鮮代表。なでしこはそれを横目に、ぼう然と立ち尽くすしかなかった。高倉監督は「後半に2失点してからバランスが崩れた。追いかける中でパワーを出し切れなかった」と唇をかんだ。

     ボール支配率は日本が56.4%で北朝鮮が43.6%。特に前半は日本が保持する時間帯が続いた。シュートこそ1本に終わったものの、高倉監督は「前半はこれまでの2ゲームに比べるとボールを動かしながら良いリズムがつくれた」と振り返った。

     しかし、北朝鮮陣営は余裕だった。ハーフタイムにキム・グァンミン監督は「日本は強いだろう? でも、我々の方がもっと強いと思わないか?」と選手に語りかけた。選手からは「やってみたら、たいしたことない」という声が上がり、指揮官は「だったら、思う存分攻撃してきなさい」とハッパをかけてピッチに送り出した。すると後半20分、日本は左サイドからクロスを放り込まれ失点。世代交代を進めた若いチームはとたんに集中力を失い、37分にも右サイドを突かれて失点した。

     高倉監督は「組織に逃げたくない」と1対1のデュエルに勝つことにこだわり強化に努めてきたが、この日は相手のスピードやパワーに押される場面が目立ち、「まだまだ追いついていない」と就任後初めての公式戦でタイトルを逃し厳しい表情。来年4月には、19年W杯フランス大会アジア最終予選を兼ねる女子アジア杯(ヨルダン)が開幕する。「アジア杯に向けて全てにおいてレベルを上げないといけない」と指揮官。残された少ない時間で必死に立て直しを図る。

     ▼日本サッカー協会田嶋幸三会長 明らかに向こうが上だった。北朝鮮は世界のトップ4、5に入ると思う。世界のトップ・オブ・トップにはしっかり食らいついていかないといけない。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS YOSHIKI、引退小室と話し安堵「またいつか一緒に音楽を創作しましょう」
    2. レジオネラ菌 3人感染、1人が死亡 加湿器から広がる 国東の施設 /大分
    3. 米人気歌手 トム・ペティさん、死因は薬物過剰摂取
    4. 新燃岳 2日連続、火山性地震頻発
    5. 中国 帰省切符、スマホばかり ネット使えぬ農民工あきらめ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]