メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波春秋

三上参次 史学研究の重鎮 柴田實に書簡 /徳島

 三上参次(みかみさんじ)(1865~1939年)歴史研究家、兵庫県姫路市出身。

 姫路藩士幸田貞助の三男。三上勝明の養子。はじめ三次、のち参次と改めた。1889(明治22)年帝大(現東京大)和文科卒。90年東大編年史編纂掛(へんさんがかり)助手となり、のち史科編纂掛で事務主任(現史料編纂所長)を務めた。終始、史料編纂一筋に活躍したアカデミック史学の重鎮。91年東大講師。92年東京女高師(現お茶の水女子大)教授、東大助教授。99年文学博士の学位を受け東大教授となった。東大文学部長も務めた。史学科から国史学を分離独立する…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. アップル 「iPhone」 XSと最上位機種Max発売
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです