メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

米-メキシコ国境 NAFTAで発展 「離脱」強まる警戒感 二つの町、強いつながり

メキシコに向け発送される荷物を確認する通関会社のヘクター・デラミヤ社長(左)

 米南部テキサス州ラレドと、リオグランデ川対岸のメキシコ北部ヌエボラレドは、北米自由貿易協定(NAFTA)をテコに発展した国境の町だ。両国を行き来する商品の半分が、ここに架かる「ワールドトレード橋」を通り抜ける。しかし、NAFTAに強い不満を示すトランプ米大統領は、離脱も辞さない姿勢を見せており、二つの町に影を落としている。

 「世界中の商品がここを通ると思ってくれていい」。米国側のワールドトレード橋のたもとにあるラレド郊外…

この記事は有料記事です。

残り1562文字(全文1775文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです