メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

米-メキシコ国境 NAFTAで発展 「離脱」強まる警戒感 二つの町、強いつながり

メキシコに向け発送される荷物を確認する通関会社のヘクター・デラミヤ社長(左)

 米南部テキサス州ラレドと、リオグランデ川対岸のメキシコ北部ヌエボラレドは、北米自由貿易協定(NAFTA)をテコに発展した国境の町だ。両国を行き来する商品の半分が、ここに架かる「ワールドトレード橋」を通り抜ける。しかし、NAFTAに強い不満を示すトランプ米大統領は、離脱も辞さない姿勢を見せており、二つの町に影を落としている。

 「世界中の商品がここを通ると思ってくれていい」。米国側のワールドトレード橋のたもとにあるラレド郊外…

この記事は有料記事です。

残り1562文字(全文1775文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  3. ORICON NEWS 木村拓哉&工藤静香の次女・Kokiがモデルデビュー 『ELLE JAPON』表紙飾る
  4. 東京駅 「銀の鈴」50周年 歴代の鈴が一堂に
  5. 森友問題 理財局、口裏合わせ要請認める ごみ撤去巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]