メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

米-メキシコ国境 NAFTAで発展 「離脱」強まる警戒感 二つの町、強いつながり

メキシコに向け発送される荷物を確認する通関会社のヘクター・デラミヤ社長(左)

 米南部テキサス州ラレドと、リオグランデ川対岸のメキシコ北部ヌエボラレドは、北米自由貿易協定(NAFTA)をテコに発展した国境の町だ。両国を行き来する商品の半分が、ここに架かる「ワールドトレード橋」を通り抜ける。しかし、NAFTAに強い不満を示すトランプ米大統領は、離脱も辞さない姿勢を見せており、二つの町に影を落としている。

 「世界中の商品がここを通ると思ってくれていい」。米国側のワールドトレード橋のたもとにあるラレド郊外…

この記事は有料記事です。

残り1562文字(全文1775文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  3. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ
  4. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  5. 消費増税 19年10月から10% 安倍首相 閣議で表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです