メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋界この1年 羽生、永世7冠に 藤井四段、デビューから29連勝

初防衛を果たした佐藤天彦名人=甲府市の常磐ホテルで2017年6月6日午後9時21分、宮間俊樹撮影

 <2017年の熱戦譜より>

 将棋界のこの1年を振り返ってみよう。年の始まりは王将戦から。郷田真隆王将(46)に久保利明九段(42)が挑んだ。第1局は久保のゴキゲン中飛車に対し超速3七銀の最新形になり、終盤第1図(便宜上先後逆)を迎えた。

 図の[先]1五角と打ったのが棋士も絶賛した妙手で、次に[先]4二銀[後]同金直[先]2二馬[後]同金[先]4二角成の寄せを見ている。

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1446文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 北海道知事選に夕張市長擁立で調整 自民

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです