メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災特集

近畿で河川治水条例 奈良・滋賀、浸水区域を想定 兵庫・京都、調整池やタンク

 <いのちを守る>

 地球温暖化などを背景にした豪雨災害に備え、近畿地方を中心に河川を対象にした総合的な治水条例を定める動きが進んでいる。河川の拡張をはじめとした「流す」▽降った雨を一時的に調整池などで蓄える「ためる」▽被害を最小限に抑える「備える」--などについて一体的に取り組み、住民の意識を高めるのが狙いだ。

 今年10月の台風21号で家屋約30棟が損壊、約500棟が浸水し、道路や堤防などにも大きな被害が出た…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1058文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  4. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  5. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです