メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
明日がみえますか

第7部 続・マンション漂流/上 剪定8万円、見積書不信 脱「お任せ」管理会社変更

足場を組み立てるために8万円の剪定費が必要とされた植栽=大阪市内で、大西岳彦撮影

 ないはずの植栽の剪定(せんてい)に8万円、動かす必要のない駐輪場の撤去には18万円--。工事の見積書には心当たりのない項目が幾つも並んでいた。

 大阪市中心部の住宅街に建つ築約40年のマンション(約500戸)は今年2~6月、外壁の改修工事を予定していた。設計監理はいつもの通り、管理会社が担当。2016年の修繕工事に続き、同じ施工会社が受注した。同年末に見積書が届いたが、当時の管理組合理事長の男性(65)は納得できなかった。

 工事の足場を組む場所には古いプランターが一つあるだけで、他に植栽と呼べるものはない。それを剪定する…

この記事は有料記事です。

残り1201文字(全文1464文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  3. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 月刊相撲 おかみさん・リレーコラム 千賀ノ浦部屋・舛田奈緒子さん(58)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです