メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

えじぷと駱駝考

/上 高騰する「砂漠の船」 変動相場制移行で月収超えも

数百頭の取引が行われるラクダ市。商人たちの「競り」は怒鳴り合いだ=エジプト北部ビルカーシュ村で9月

 見渡す限りラクダだった。これだけ集まると、のんびりした顔さえ怖い。彼ら、実は快足で力も強いのだ。「危ない」「逃げて」。茶色のコブがゆらゆらと進むたび、れんが造りの小屋が並ぶ広場で大声が飛び交った。

 エジプトの首都カイロの北西約35キロにあるビルカーシュ村。国内最大のラクダのスーク(市場)では、金曜と日曜の午前に数百頭が取引されている。主に食肉・農耕用だが、ペルシャ湾岸諸国で盛んなレース用ラクダも売買される。怒鳴り合いながら競りをする様子は、まるでけんかだ。

 「良質なラクダが集まるから、みんな真剣だ。歯で選ぶんだ。1、2本欠けていても、白くて丈夫な歯なら栄…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文881文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  5. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]