メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

命から学んで

農芸高創立100周年/14止 自由な発想、食を研究 ユニークな「昆虫食」も /大阪

虫の標本などを手にする井上くるみさん=堺市美原区の府立農芸高校で、亀田早苗撮影

 府立農芸高(堺市美原区)には、生徒が自主的に実習や研究に取り組む「農業クラブ」がある。生徒らは興味のあるプロジェクトに取り組み、先輩から指導を受ける。各地の農業を学ぶ学校で構成する全国組織もあり、成果の発表の場は多い。「農業の6次産業化」「廃棄食物の減量」など今日的課題に取り組み、外部の賞を受けたり、「農芸ブランド」として商品化したり、成果を上げている。

 ハイテク農芸、食品加工、資源動物の3学科にはそれぞれ五つの専攻がある。専攻はそのまま農業クラブの部…

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1481文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです