メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

ラテン語の「良い」という意味の「ボヌス」が…

 ラテン語の「良い」という意味の「ボヌス」が語源だという。ボーナスのことである。欧米では従業員が一定水準以上の成果を上げた時、不定期に支給される。日本では盆と暮れ、毎月の賃金とは別に一時金が出る▲封建時代、商人や職人の社会で着物が支給されたのが始まりといわれる。明治時代になって「ボーナス」を初めて支給したのは今の三菱商事とする説が有力だ。欧米と違って定期的に夏と年末に出したのは帰省などで出費がかさむ時期だかららしい▲国家公務員に続き、企業の冬のボーナスが出るころだ。昨年と比べほぼ横ばいだが、日本は1人当たりの労働生産性、つまり効率よく稼ぐ力が先進国の中でも低い。日本人は勤勉と言われるのに、欧米と何が違うのか。長時間労働も一因と指摘されている▲今年ほど生産性という言葉が新聞紙面に繰り返し載ったことはないだろう。満足できる「良いボーナス」が出せるよう生産性を上げるにはどうすればいいのか。企業が効率ばかり重んじるのは、実は逆効果かもしれない。従業員一人一人を尊重し、働く喜びを感じてもらう。遠回りでもまずそれができなければおそらく実現しない▲封建時代に主人が奉公人に着物やその代金を支給することを「お仕着せ」と呼んだ。今では本人の意思とは関係なく、一方的にものごとを押しつけることを指す言葉だ▲政府が上から企業に賃金アップを求めたところで簡単にはいかない。仕事も上からのお仕着せばかりでは誰も本気では働くまい。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
    2. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
    3. 青森 グーグルマップ改ざん 中学校名に「いじめ」
    4. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
    5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです