メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

「地方の時代」大企業の役割は? どこでも「ダントツ」に コマツ相談役・坂根正弘氏

 「地方の時代」と呼ばれて久しいが、実際には中央(東京)との格差は広がるばかりだ。そんな中、建設・産業機械メーカーのコマツが大企業の責務として地方の支援と人材育成に力を入れている。今月8日、最終報告書をまとめた政府の「地方大学の振興及び若者雇用等に関する有識者会議」で座長を務めたコマツの坂根正弘相談役(76)に話を聞いた。【聞き手・森忠彦、写真・宮本明登】

--企業人として「地方創生」に熱心に取り組んでいます。

この記事は有料記事です。

残り2899文字(全文3105文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]