メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

汚職、30カ国波及 建設大手33億ドルばらまき? ペルー大統領、罷免も 権力者の捜査進む

オデブレヒトが賄賂や違法資金を渡した疑惑がある各国指導者

 【サンパウロ山本太一】ブラジルの大疑獄事件が世界30カ国以上を巻き込み、国際スキャンダルに発展している。贈賄側の中心企業、ブラジル建設最大手オデブレヒトが国際進出を図るため、各国指導者らに計33億ドル(約3700億円)をばらまいたとの報道もある。中南米では大統領経験者が訴追された他、汚職疑惑が浮上したペルーのクチンスキ大統領の罷免決議案が今月15日に議会に提出された。各国当局の捜査に注目が集まる。

 「ラバジャット作戦が31カ国(・地域)の検察の関心を引きつける」。ブラジル有力紙「フォーリャ」(電…

この記事は有料記事です。

残り963文字(全文1214文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです