メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

印パ独立70年

第3部 紛争の水源インダス/2 「川解放へ聖戦」

 パキスタンの首都近郊ラワルピンディ。モスク(イスラム教礼拝所)の一角に給水車で水を配る写真が掲げてあった。「インドのせいで我々の川が乾いている。だから給水や井戸掘りなどの支援を続けているのだ」。このモスクを管理するイスラム教団体ジャマート・ウド・ダーワー(JuD)幹部、アブドゥル・ラフマン師(44)は、怒りに満ちた口調で語った。

 JuDは2008年のムンバイ同時テロを起こしたとされるイスラム過激派「ラシュカレ・タイバ」(LeT…

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1189文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです