メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

国稀酒造(北海道)/中 ほかで造れない酒を

タンク内の発酵具合をチェックする蔵人たち=北海道増毛町の国稀酒造で

 <since 1882>

時とともに地域とともにいつもの酒

 現在、社名にもなっている代表銘柄の「国稀(くにまれ)」。元は「国の誉(ほまれ)」だったのを創業者の本間泰蔵が改めた。由来は日露戦争で中国・旅順攻略を指揮した陸軍大将、乃木希典(まれすけ)。地元の戦没者の慰霊碑を建立するため、乃木に面会した泰蔵はその人格に大きな感銘を受け、「希」の1字をもらう。そのままではおこがましいと「禾(のぎへん)」を付けた。「国に稀な良いお酒」は1920(大正9)年に定番の商品名として世に出された。

 しかし、会社は27(昭和2)年に初代・泰蔵が77歳で死去すると、そのわずか1年後には2代目・泰輔が…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文767文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
  5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]