メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

友人の自殺サイン見逃さぬ 群馬・サポーター養成講座

講師のアドバイスを受けながら、2人1組で、相手の話を聞く姿勢や褒める声かけについて学ぶ生徒たち=群馬県桐生市の県立桐生女子高校で

 <kyoiku no mado>

 神奈川県座間市で10~20代の9人の遺体が見つかった事件では、インターネット上で「死にたい」などと書き込んだ女性が狙われた。群馬県は自殺防止対策で、昨年から高校生や大学生を対象に、専門家による「こころの元気サポーター養成講座」を開いている。悩んでいる友人への接し方や、自分が悩みを抱えた時の気持ちの切り替え方を学んでもらうのが目的だ。県立桐生女子高校で12月初旬に開かれた講座を取材した。

この記事は有料記事です。

残り1925文字(全文2137文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです