メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チリ大統領選

ピニェラ前大統領が当確 中道右派

 【サンパウロ山本太一】南米チリの大統領選決選投票が17日、実施された。選管当局などによると、中道右派の野党連合「チレ・バモス」のセバスティアン・ピニェラ前大統領(68)が、中道左派会派「新多数派」のアレハンドロ・ギジェル上院議員(64)を破り、当選を決めた。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を強力に推進する立場のピニェラ氏は4年ぶりの返り咲きとなった。

     選挙は中道左派のバチェレ大統領(66)の任期満了に伴うもの。開票率99.2%での得票率は、ピニェラ氏が54.57%、バチェレ氏の後継候補のギジェル氏は45.43%。任期は来年3月11日から4年間で、連続再選は認められていない。

     経済界出身のピニェラ氏は、1990年の軍政から民政移管後に20年間続いた中道左派政権を終わらせ、2010~14年、初めての中道右派政権を率いた。選挙戦では、前回の在任中に堅調な経済成長を果たした実績を強調し、法人税減税や市場重視の経済政策を進めると主張した。

     バチェレ政権の路線継続を目指す元ニュースキャスターのギジェル氏は、社会福祉の充実や高等教育の無償化などを主張したが、及ばなかった。

     11月の第1回投票での得票率はピニェラ氏が36.64%、ギジェル氏が22.7%だった。

     バチェレ氏を巡っては15年に息子夫婦が絡んだ巨額の土地転売汚職などの疑惑が浮上。資源価格の下落により経済も低迷し、政権支持率は下がっていた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
    2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
    3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
    4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
    5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです