メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7年目の被災地

頑張れ!!新人漁師 「浜のお母さん」と交流会 釜石・尾崎白浜地区の番屋 /岩手

浜のお母さんからドンコの調理法を学ぶ山崎寛さん(左)と長岡ゆうさん(右)=釜石市で

 東日本大震災後、漁師の担い手不足に悩む釜石市尾崎白浜地区の番屋で、新人漁師と「浜のお母さん」たちとの交流会があった。「好きなことができて楽しい」という新人たちを頼もしく見守るお母さんたちは、彼らが第2の古里と思えるよう、できるだけの支援をしながら、漁業の担い手の定着を願っている。【中尾卓英】

浜の料理で広がる笑顔

 縁もゆかりもない地域になじんでもらおうと岩手大釜石サテライトが企画した会には、都市部からIターンして研修中の10~20代の男性3人と、2年前に同市に来て独り立ちをしつつある40代の男性が参加。地元の釜石湾漁協白浜浦女性部の8人が、旬のドンコ汁や肝のたたき、アワビの刺し身、カキのお好み焼きなどを調理。新人漁師たちも包丁を握って真剣な表情で料理法を身につけた。

 自己紹介の時間。盛岡市出身で釜石市尾崎白浜で定置網漁を研修する長岡ゆうさん(15)は「高校に行くよ…

この記事は有料記事です。

残り1280文字(全文1667文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです