メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

研究の現場から

血中たんぱく質から難病把握 愛媛大大学院血液・免疫・感染症内科学長、谷川均特任教授ら /四国

血中たんぱく質成分の同定に成功した長谷川均特任教授(左)と武森信暁講師=愛媛県東温市の愛媛大付属病院で、花澤葵撮影

 愛媛大学大学院血液・免疫・感染症内科学の長谷川均特任教授と、愛媛大プロテオサイエンスセンターの武森信暁講師らの研究グループが、血管に炎症が起きる難病「ANCA関連血管炎」の正確な病状の把握や予後の予測を可能にするための指標となる、血中たんぱく質成分の同定(どうてい)に成功した。研究成果を9月、海外の学術誌で発表した。

 ANCA関連血管炎は膠原病(こうげんびょう)の一種。血管に炎症が起きて臓器などが侵される病気で、年…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文636文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]