メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

印パ独立70年

第3部 紛争の水源インダス/3 水枯れ、疑心暗鬼

 「ずっとここに住んでいるが、年々、水が減っている」。インド北部ジャム・カシミール州スリナガル郊外。インダス川の支流ジェラム川のほとりで、ムハンマド・アシュラフさん(60)が嘆いた。約2・5ヘクタールの田畑にジェラム川から水路を引いているが、近年は水位が低く、農業用水を確保できないという。「過去3年間、収穫はゼロだ。ゼロだよ」

 ジェラム川はパキスタンに入り、やがてインダス川に合流する。パキスタンにとって死活的に重要な水資源だ…

この記事は有料記事です。

残り924文字(全文1138文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  5. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]