メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出光興産

創業家が株式追加取得 議決権比率28%台

 出光興産と昭和シェル石油との合併計画に反対している出光の創業家側は18日、出光の株式を追加取得し、議決権比率が28%台になったと発表した。株主総会で合併案を否決に持ち込める33%超には届かないが、さらに買い増す可能性もある。「反対の意思にいささかの揺るぎもない」と改めて反対の姿勢を示した。

     創業者長男の出光昭介名誉会長が代表を務める新会社を通じ、1・91%を取得した。取得額は155億円。出光が7月に公募増資を実施し、創業家側が握っていた33%超の持ち株比率は26%台まで低下。創業家単独では否決できなくなっていた。出光の経営側は「創業家の理解を得られるよう、協議を続ける」としている。

     出光と昭和シェルは2015年に合併による経営統合で合意していたが、16年の定時株主総会で創業家が「両社は企業文化が違う」などとして突如反対を表明。17年4月に予定されていた合併は無期延期となっている。合併するには両社の株主総会で承認が必要だが、開催時期などは未定だ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです