メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俺たちの花園

全国高校ラグビー/1 布巻峻介=パナソニック・フランカー(25歳、福岡・東福岡高出身)

3年生だった2010年度の準々決勝、伏見工(京都)戦でトライを決める布巻峻介=後藤由耶撮影

全力プレー何より大事

 花園で印象に残っているのは3年生だった2010年度、桐蔭学園(神奈川)との決勝です。先制して「いけるんじゃないか」という雰囲気になった後、ポンポンポンとやられました。

 相手には松島(サントリー)、竹中(NEC)、小倉(NTTコム)というスターがいました。一時は21点差をつけられ「FWでいこう。パス禁止」と修正しました。

 31-31の同点に追いつきましたが、ノーサイドの瞬間は、「勝てたのに」と後悔しました。でも、それが実力。第90回の記念大会で両校優勝という特別な形で優勝できたことを、今はうれしく思います。

 松島には一回も抜かれたことがないという自負があります。先日も彼は「お前だけは抜けないんだよな」と言っていました。花園で戦った同世代の選手と日本代表やトップリーグで戦えるのは夢見ていたことなので、本当にうれしいです。

 全力でプレーすることが勝ち負けよりも大事です。全てを花園で出し切ってください。

    ◇

 第97回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕する。花園の舞台を経験して成長し、日本代表に飛躍した選手たちが高校生にエールを送る。=つづく


 インタビュー動画はJ SPORTS公式サイトで公開中


 ■人物略歴

ぬのまき・しゅんすけ

 東福岡高1年時の2008年度に花園4強、2年時の09年度に優勝。10年度は神奈川・桐蔭学園高と両校優勝。高校時代に7人制日本代表の練習生に選ばれた。早大を経て15年にパナソニック入り。日本代表キャップ5。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
  3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
  4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです