メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾羊一のめでぃあ亭

「闘うヒューマニズムドラマ」台頭

 X 私見だが、連続ドラマが不振な中で、内容、視聴率ともにだが断然他局を引き離しているのが池井戸潤原作の連続ドラマ群だ。地味で穏健な文体にユーモラスなタッチで銀行や中堅零細企業に迫る説得力。テレビの編成や制作の“大人派”は以前からドラマ化を狙っていた。

 Z たとえば?

 Y かつて「半沢直樹」(TBS系)の堺雅人が注目されたが、今期は「陸王」(同)の役所広司が好演、池井戸文学の映像化に貢献している。

 X 作品内容は省略するが、ドラマ化作品を挙げてみよう。まず「空飛ぶタイヤ」(WOWOW)に「下町ロ…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文820文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]