メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美術

「装飾は流転する」展 多様化、浸透を実感=評・永田晶子

 アールデコ様式の旧朝香宮邸を転用し1983年に開館した東京都庭園美術館(港区)。館の装飾性を生かした工芸や服飾の展覧会を多く開催してきたが、今展はずばり「装飾」そのものがテーマ。5カ国、30~60歳代の7組の作品を紹介する。

 挑発的作風が時に物議を醸すベルギーのヴィム・デルヴォア氏は古典様式と自然や工業製品を融合させた彫刻を出品。キリスト教に根付くゴシック建築を貝の形にゆがめたり、イスラム文様をタイヤに刻んだり。華麗な外観と権威を疑うまなざしが共存する。

 高田安規子・政子両氏は日用品に手を加え、既存の価値観を揺さぶる。カットしたゴム製吸盤はガラス細工と…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文671文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです