メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

六甲バター・三宅宏和社長 チーズ新工場19年稼働 進化のプロセス、世界へ

六甲バターの三宅宏和社長=神戸市中央区の同社で、大道寺峰子撮影

 「Q・B・B」ブランドで商品展開する六甲バター(神戸市中央区)は、売り上げの約95%をチーズが占める。自宅でお酒を飲む「家飲み」の広がりや、そのヘルシーさに注目が集まり、国内のチーズ消費量は増加傾向。この追い風を受け、同社では2018年の創業70周年を前に、新工場(同市西区)の建設が進む。「世界一のプロセスチーズメーカー」を目指す三宅宏和社長(65)に今後の展望を聞いた。【聞き手・大道寺峰子】

 --昔ながらのベビーチーズが好調ですね。

この記事は有料記事です。

残り1423文字(全文1643文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]