メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

宇佐ランタンの歩み=中村秀明

 <sui-setsu>

 障害者が一人も働いていない企業はどのくらいあるのか。厚生労働省が今年、約9万社を調べたところ3割あった。障害者の雇用を促す法律ができて60年近く、いまだに現実は厳しい。

 二の足を踏むのは「ふさわしい仕事がない」「受け入れ態勢が整わない」などの理由だ。そんな企業に大分県でちょうちんを製造する宇佐ランタンの谷川忠洋会長(79)の歩みを知ってほしい。

 従業員16人のうち9人が知的障害者という実績が称賛すべきだからではない。思い違いや失敗も重ね、その…

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文980文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]