メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点検・安倍政治5年

/2 官邸支配、沈む霞が関

官邸の権限強化の構図

無視できぬ意向

 今月4日、財務省幹部が首相官邸を訪れ、年収800万円超の会社員を「高所得者」として所得増税する税制改革案を、安倍晋三首相や菅義偉官房長官に説明した。同省は与党に根回しを済ませ、2018年度与党税制改正大綱に反映される手はずになっていた。

 しかし、それを聞きつけた今井尚哉首相秘書官が財務省に異論を唱えた。「高所得というのは1000万円超だろう」。過度の増税を渋る菅氏らの意向も踏まえた発言だけに、同省は無視できず、増税の線引きは「年収850万円超」へ上方修正された。官邸支配と霞が関の地盤沈下を象徴する一幕だった。

 12年末の第2次安倍内閣発足以降、首相は官邸機能の強化を図ってきた。縦割り行政と省庁対立を排し、政…

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1217文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. SNS 性的画像「恋人なら共有」20代1割 注意喚起
  3. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  4. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す
  5. リベンジポルノ 防止法2年 後絶たぬ 支援団体「拡散前相談を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]