メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソン

セバスティアン・ピニェラ氏=チリ大統領選で当選した

経済成長、実現なるか セバスティアン・ピニェラ氏(68)

 【サンパウロ山本太一】「私たちは最高のものを提供し、より豊かな人生を送ることができる」。当選を確実にし、真っ先に国民生活の向上を誓った。事業家、前大統領という経験を生かし、低迷する経済の成長を実現できるかが、2014年以来の返り咲きとなる2期目の最大の課題だ。

 父親は国連大使を務めた外交官で、1949年、サンティアゴで生まれた。チリ・カトリック大や米ハーバー…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文619文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  2. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです