メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

ガザのビジネスマン エルサレム支局・高橋宗男

 パレスチナ自治区ガザ地区ガザ市の海岸沿いに住むソフィアン・アブザノーナさん(54)は今、ガザで最も忙しい部類のビジネスマンかもしれない。

 取材中もひっきりなしに電話の対応に追われていた。中座した彼が戻ると、「ブーン」という音が聞こえてきた。発電機を作動させたという。3台を所有し、近隣1キロ四方の約1700戸を対象に電力を販売しており、送電依頼の客から電話が絶えないという。

 ガザ地区の電力事情は元々不安定だったが、今年6月以降、極端に悪化し、1日3~5時間しか供給されなく…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文538文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]