メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

不思議な生き物「地衣類」 大気汚染、ヒートアイランド現象の指標にも

 街路樹やコンクリートなどの表面で生育し、コケや汚れと見間違えることもある「地衣類(ちいるい)」。菌類と藻類の共生体だが、一見単独の生き物のような姿の不思議な生き物だ。環境変化に敏感で、大気汚染やヒートアイランド現象の影響を把握する指標としても注目されている。

 地衣類は菌類の中で、必ず藻類と共生している仲間の総称だ。菌類は藻類と一体化し、藻類が光合成をして作った栄養を利用している。木の皮の表面などにくっつく種類も多いが、木の栄養を吸収しているわけではない。

 街中で見られる種類には、灰色っぽく、粘土を紙のように薄いシート状にしてしわを寄せたような「ウメノキ…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1031文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです