メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Country・Gentleman

自然のお裾分けで食卓豊か=C・W・ニコル

枝に雪が積もったカエデ=長野県信濃町で7日、C・W・ニコル・アファンの森財団提供

 <カントリージェントルマン>

 英国で過ごした少年時代--1940~50年代にかけての記憶に残る芳しい匂い、それは焼き栗(ぐり)の匂いだ。通りでは、物売りがまきストーブつきの手押し車で焼き栗を売り歩く。母は生栗も買い、家で居間の暖炉の火床に並べて焼いたものだ。肝心なのは、皮に切れ目を入れてから火にかけること。そうじゃないと、破裂してしまう!

 和栗の味を知ったのは63年の正月、友人宅で供された新年の祝い膳でのことだ。初めて目にするおせち料理…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1150文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです