メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Country・Gentleman

自然のお裾分けで食卓豊か=C・W・ニコル

枝に雪が積もったカエデ=長野県信濃町で7日、C・W・ニコル・アファンの森財団提供

 <カントリージェントルマン>

 英国で過ごした少年時代--1940~50年代にかけての記憶に残る芳しい匂い、それは焼き栗(ぐり)の匂いだ。通りでは、物売りがまきストーブつきの手押し車で焼き栗を売り歩く。母は生栗も買い、家で居間の暖炉の火床に並べて焼いたものだ。肝心なのは、皮に切れ目を入れてから火にかけること。そうじゃないと、破裂してしまう!

 和栗の味を知ったのは63年の正月、友人宅で供された新年の祝い膳でのことだ。初めて目にするおせち料理…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1150文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  2. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  3. 食中毒 修学旅行生ら入院 長崎市の料理店からノロ検出
  4. 競馬 日本ダービー、5番人気・ワグネリアンが優勝
  5. 水路転落訴訟 金沢で市など相手に相次ぐ 「景観」か「安全重視」か /石川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]