メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Country・Gentleman

自然のお裾分けで食卓豊か=C・W・ニコル

枝に雪が積もったカエデ=長野県信濃町で7日、C・W・ニコル・アファンの森財団提供

 <カントリージェントルマン>

 英国で過ごした少年時代--1940~50年代にかけての記憶に残る芳しい匂い、それは焼き栗(ぐり)の匂いだ。通りでは、物売りがまきストーブつきの手押し車で焼き栗を売り歩く。母は生栗も買い、家で居間の暖炉の火床に並べて焼いたものだ。肝心なのは、皮に切れ目を入れてから火にかけること。そうじゃないと、破裂してしまう!

 和栗の味を知ったのは63年の正月、友人宅で供された新年の祝い膳でのことだ。初めて目にするおせち料理…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1150文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 「戦争の世紀」研究 現代史と国際政治の視点から/25 ノモンハン事件 転機はらんだ限定戦
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです