メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読み解きワード

幼児教育・保育無償化 支援の線引きあいまい

 政府は消費増税分などを財源とした経済政策を策定し、幼児教育・保育無償化を盛り込みましたが、一律に無償ではなく、認可外の保育施設の一部は対象外となる可能性があります。認可と認可外の保育は、どう違うのでしょうか。【桐野耕一】

認可保育所、多様な形態 株式会社も参入可能

 認可保育所は、子ども1人当たりの床面積や保育士の配置人数のほか、給食設備があるなど国の基準を満たし、都道府県などが認可した児童福祉法に基づく施設だ。定員は20人以上で、0~5歳の子どもを預かる。自治体が運営する公立の保育所や、社会福祉法人などが運営する民間の保育所がある。待機児童解消のため2000年に規制緩和され、株式会社も運営に参入できるようになった。

 06年には保育所と幼稚園の機能を併せ持つ認定こども園も創設された。待機児童の解消促進と地域のニーズ…

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1658文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです