メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都大路に懸ける

24日号砲 全国高校駅伝/2 仙台育英(宮城・女子) 自立重視で復権へ

選手との対話を重視し、自主性を重んじる釜石監督(左)

 驚くべきタイムだった。10月22日の宮城県予選で女子の仙台育英がたたき出したのは1時間7分30秒。今大会出場校中で唯一の7分台であり、前回大会の大阪薫英女学院の優勝タイム1時間7分24秒にも迫る。「予想をはるかに上回る記録で、出来すぎだった」。釜石慶太監督(30)は言葉こそ控えめだが、就任6年目にして初の全国制覇への手応えをつかんだ。

 仙台育英は男子7回、女子2回の全国優勝を誇るが、近年は低迷気味だった。2011年の都大路で男子が1…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文834文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです