メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改善主義

ボクシング 平成世代が国支える=村田諒太

 (カットは直筆)

 師走ですね。

 このコラムが載る頃はもう年の瀬ですが、まさに慌ただしさ真っただ中で書いております。世界戦でエンダム選手に勝利した効果はすさまじく、「忙しい」と、ありがたい悲鳴を上げています。

 休む暇がないことから、妻と「そろそろ体調を崩すだろう」と話していたところ、予想通りやられてしまいました。こういった妻とのやり取りで、お互いのことを分かり合っているのだなと改めて感じます。

 さまざまな面で、妻の機嫌を簡単に感じ取ることができます。小さなところでは、私が保育園の送りに行けな…

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1052文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]