メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米副大統領

中東訪問を延期 1月中旬に

 【ワシントン会川晴之】ホワイトハウスは18日、ペンス米副大統領が大詰めを迎えている税制改正法案審議のため、19日から予定していた中東訪問を来年1月中旬に延期すると発表した。ペンス氏は、エルサレムを首都と認定し、テルアビブの米大使館をエルサレムに移転する決定を下したトランプ政権の方針を説明するため中東諸国を訪問。20日にエジプトのシシ大統領、21日にイスラエルのネタニヤフ首相と会談する予定だった。

     ペンス氏は16日から中東訪問を予定していたが、政権が推し進める税制改革法案採決に備え出発を延期していた。米上院では賛否同数となった場合、議長の副大統領が決裁票を投じる制度となっている。与野党の議席が伯仲する中、採決までワシントンにとどまり推移を見守るためとホワイトハウスは説明している。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
    2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
    3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
    5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです