メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

疾走・都大路

全国高校駅伝/上 男子道代表・札幌山の手 就任18年で最強 監督自信、3位入賞目標 /北海道

雪上でジョギングする札幌山の手の選手たち=札幌市南区で

 京都市で24日、開催される男子第68回、女子第29回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)に、道代表として男子・札幌山の手、女子・旭川龍谷の両校が出場する。都大路での疾走を目前にした両チームの姿を追った。【源馬のぞみ】

 12月中旬、真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(札幌市南区)の屋内ランニングコース。1000メートルを1本、300メートルを10本、1000メートルを1本。札幌山の手のメンバー10人がインターバル練習をしていた。

 昨年の全国大会に出場し、経験豊富な3年生は5人。さらに道大会でアンカーを務めた1年の多田奏太選手に…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1069文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです