メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと交差点/三重

熊野 競技者増、目指し奔走 紀南クライマーズ協会長・尾畑真さん(44) /三重

 尾鷲市~和歌山県新宮市のボルダリング愛好家30人でつくる紀南クライマーズ協会が、熊野市紀和町の岩場を住民と一緒にボルダリング競技場へと整備した。その先導役を担ったのが協会長を務める御浜町下市木の会社員、尾畑真さん(44)。

 2月に競技場の瀞流荘エリア(紀和町)で公開イベントを実施。9月には夕陽の丘エリア(同)で競技団体が全国大会を開いた。

 尾畑さんは紀宝町鮒田(ふなだ)出身で金沢大法学部卒。27歳で帰郷し、アマゴ釣りに没頭。仲間と山谷を…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文506文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです