メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第5部 JR東日本/17 経営支援「あり得ない」

北海道新幹線開業でJR東はJR北と営業面の関係も深まった=北海道北斗氏のJR新函館北斗駅で2016年3月26日(代表撮影)

 「(今は4時間2分で)東京と新函館北斗を結ぶダイヤを3時間台にしてほしい」。北海道新幹線開業から半年たった昨年10月下旬、函館商工会議所の永沢大樹(44)ら地元関係者は東京都渋谷区のJR東日本本社を訪れ、新幹線のスピードアップを要望した。JR東に直接、陳情するのは初めて。客足は予想以上だったが、地元は一過性のブームに終わるのを懸念した。

 鉄道で目的地まで4時間以内に着くようになれば、空港へのアクセスや手荷物検査などの手間がかかる飛行機…

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1141文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]