メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点検・安倍政治5年

/3 改憲実現へ試行錯誤

提案しては沈黙

 3月上旬。安倍晋三首相は親しい保守系議員をひそかに首相官邸に招いた。憲法9条1項(戦争放棄)と2項(戦力不保持)を残し、自衛隊を明記する改憲の腹案を示し、支持を得るのが目的だった。首相の持論は2項改正だっただけにこの議員は驚いたが、首相は「これができれば憲法改正という目的を達成できる」と力説。2カ月後の5月3日、改憲派の集会へのビデオメッセージで公表した。

 持論封印は公明党の協力を得るためだ。首相は親しい保守系学者からも2項削除を求められたが、「公明党を…

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1369文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. SNS 性的画像「恋人なら共有」20代1割 注意喚起
  3. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  4. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す
  5. リベンジポルノ 防止法2年 後絶たぬ 支援団体「拡散前相談を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]