メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

印パ独立70年

第3部 紛争の水源インダス/4 利権化する湿地帯

 目の前に巨大な入り江が広がっていた。インド最西端の村コーテーシュワル。遠くにポツンと見える人影は、網で魚を狙う地元の漁師だ。風の中にかすかに潮の香りが混じる。「この入り江の向こうがサークリークだ。この先はパキスタンまで人が住める場所はない」。岬の先端に設けられた詰め所で、国境警備隊員(26)が沖合を見ながら言った。

 シバ神を祭る寺で知られるこの村は、インドとパキスタンの間に広がるインダス・デルタの東端に位置する。…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1105文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  3. 狛江市 市長が辞意を正式表明 セクハラ、被害者に謝罪へ
  4. 火災 住宅全焼、1人死亡 不明の10歳長男か 埼玉
  5. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]