メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本の世論2017

毎日新聞・埼玉大共同調査(その2止) 改憲、盛り上がり欠く

9条加憲、賛否二分 賛成理由「安保」66%

 安倍晋三首相(自民党総裁)は今年5月、憲法9条について戦争放棄をうたった1項と戦力不保持を定めた2項を維持したうえで、自衛隊の存在を明記する構想を提起した。10月の衆院選で自民党が大勝したことを受け、改憲論議を加速させたい考えだ。

 ただ、この「9条加憲」案に対する賛否を尋ねたところ、「反対」50%、「賛成」45%で意見は分かれた。有権者の間で、憲法改正を求める機運が大いに高まっているとは言い難い状況だ。

 賛否の理由をそれぞれ選択肢から選んでもらったところ、賛成理由は「核・ミサイル開発を進める北朝鮮など…

この記事は有料記事です。

残り6466文字(全文6741文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  4. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです