メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本の世論2017

毎日新聞・埼玉大共同調査(その2止) 改憲、盛り上がり欠く

9条加憲、賛否二分 賛成理由「安保」66%

 安倍晋三首相(自民党総裁)は今年5月、憲法9条について戦争放棄をうたった1項と戦力不保持を定めた2項を維持したうえで、自衛隊の存在を明記する構想を提起した。10月の衆院選で自民党が大勝したことを受け、改憲論議を加速させたい考えだ。

 ただ、この「9条加憲」案に対する賛否を尋ねたところ、「反対」50%、「賛成」45%で意見は分かれた。有権者の間で、憲法改正を求める機運が大いに高まっているとは言い難い状況だ。

 賛否の理由をそれぞれ選択肢から選んでもらったところ、賛成理由は「核・ミサイル開発を進める北朝鮮など…

この記事は有料記事です。

残り6466文字(全文6741文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]