メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都大路に懸ける

24日号砲 全国高校駅伝/3 東海大福岡(福岡・男子) 考える練習、牙城崩す

自分の体の状態を確かめながらジョギングで汗を流す東海大福岡の選手たち

 高い壁を乗り越えて、歴史の扉を開けた。先月5日の福岡県予選で東海大福岡は3区でケニア出身のサイモン・キムンゲ(2年)がトップに立つと、その後は首位を一度も譲らずに初優勝。31連覇中だった大牟田の牙城を、ついに崩した。

 飛躍の鍵になったのは、実業団式の「考える」練習だ。主にメニューを組み立てるのは駅伝の強豪・トヨタ自動車九州から出向中の植木大道コーチ(33)。2012年冬、県内中位の成績が続いていて停滞感を感じていた東海大福岡の田代修一監督(42)が「もっと強くなりたい」と、トヨタ自動車九州の森下広一監督(50)に協力を持ちかけて実現した。互いの拠点が隣町同士であり、陸上を通じて地元を活性化させたい思いが一致した。

 植木コーチは現役時代にけがに悩まされた経験から「継続して練習することが速くなる近道」と説いた。特に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです