メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界三大奇虫

クモなのに脚10本「ヒヨケムシ」日本で初

餌のワラジムシ(下部)を捕食するヒヨケムシ=新潟県柏崎市立博物館提供

新潟県柏崎市の住宅から見つかる

 クモの仲間なのに脚が10本もある「ヒヨケムシ」が、新潟県柏崎市の住宅から見つかった。マニアには「世界三大奇虫」の一つとして知られ、見つかった個体は体長約1.5センチで、毒など人に危害が及ぶ恐れのない種類。環境省外来生物対策室によると、ヒヨケムシは日本に分布しておらず、国内で確認されたのは初めて。

 柏崎市豊町に新築住宅が完成した後の10月、住人がサソリのような奇妙な生き物を室内で発見。虫かごに入…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文625文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  4. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え
  5. 渋谷ハロウィーン逮捕、決め手は防犯カメラ捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです