メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上海列車事故 29年後の真実

第4章<9> 学芸高が最後通告、遺族が激怒

高知学芸高校側の弁護士が連名で遺族側弁護士に送った通知書

 私が上海列車事故に関する取材を始めた時、参考にした記事がある。ノンフィクション作家の野口均(当時の筆名は野口雄一郎)が書いた「上海列車事故から一年 遺族たちの『怒りの遣り場』」だ。先輩記者から引き継いだ資料の中に、この記事のコピーが入っていた。老舗の月刊オピニオン雑誌「諸君!」(文藝春秋発行、2009年休刊)に掲載されたもののようだ。1989年1月ごろまでの情報が書かれてある。

 この中に、遺族会副会長の坂本源一のコメントがある。

この記事は有料記事です。

残り2091文字(全文2308文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]