メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

課題が見えたE-1選手権=鮫島彩

 日本女子代表として出場した東アジアE-1選手権は2勝1敗で2位に終わった。勝っても厳しい内容の試合があったり、事実上の決勝だった北朝鮮戦に勝てなかったりしたのは、それが今の自分たちの力だということ。しかし、先発メンバーが幾度となく入れ替わり、まだチームとしての完成度が低い状況で2試合に勝利した。ネガティブなことばかりではなかった。

 北朝鮮戦では、自分たちの失点パターンを認識することもできた。スピードに乗って仕掛けて来た相手にサイ…

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文892文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです